物件によって考える

トイレリフォームのポイント

トイレを新しくしたい場合、トイレリフォームをする必要があります。一つは便器自体を新しいものに変更することで、もう一つが便器以外の壁やドアなどを新しくする方法です。 通常、トイレリフォームが行われるのは前者の方です。例えば、今までウオッシュレットトイレ出なかったトイレをウオッシュレットに変更する場合が代表的なトイレリフォームになります。この場合意外と簡単で、素人でも取り付けることができるのが特徴です。まず、ホームセンターなどでウオッシュレットを購入します。価格はピンからキリまでありますが、2万円も出せばウオッシュレットの便座の部分は購入できます。あとは自分でできる場合は自分で取り替えて、もしできない場合はトイレ修理業者に頼むのも一つの方法です。

賃貸か分譲かによる違い

トイレリフォームは賃貸住宅かそれとも分譲住宅かによって大きく異なる点を知っておく必要があります。賃貸住宅のトイレをリフォームする場合は原状回復義務があるため、リフォームをした場合は退去の前には元の便座に戻さなければならないのです。たかがリフォーム、されどリフォームです。この点を怠ると、預けていた敷金の一部が戻ってこなくなります。 ですので、もしトイレリフォームをする場合には便座は捨てずにとっておきましょう。捨ててしまうと後になって後悔することになります。 これに対して分譲住宅に関しては自分の住宅ですのでどのようなトイレにしても自由です。すべてを大理石にして家が一軒建つぐらいの造りにしても誰にも文句は言われません。